TFH

TFHについて

タッチ・フォー・ヘルスはキネシオロジーの一種です。キネシオロジーの筋肉反射テストを利用して、自分の心や体の問題、ストレスを調整していきます。

*TFH(キネシオロジー)は治療ではなく、カイロプラクティックや東洋医学などの要素の入った健康法です。

全身の14種類の筋肉の強さを確認しながら、経絡の流れをスムーズにし、心と体のバランスをとっていきます。

期待のできる効果  ↓ ↓

*体の痛みやコリ(体の不調)の軽減

*ストレスの軽減 (嫌いな人、嫌なこと、人間関係、仕事のストレス、進路、お金のことなど)

*トラウマの軽減

*アレルギー症状の軽減

*目標設定(XXができるようになりたい!などの目標に潜在意識を合わせていきます。)

使用するテクニック  ↓ ↓

リンパ(内臓)や背骨に働きかけるテクニック、経絡に働きかけるテクニック、経絡に対応したアロマなどをつかいます。

などなどいろいろなテーマでやることができますが、私的には、TFHは「嫌いな人または嫌なこと対策」「アレルギーの軽減」「トラウマのケア」「一般的な体の不調」に効果的だと思います。

即効性もあります。

では、IHもキネシオロジーの一種でしたが、何がどう違うのー?と言うと、これはなかなか言葉で言うのも難しいのですが、タッチ・フォー・ヘルスはキネシオロジーの中でも基本中の基本という感じで、プロセス自体はとってもとってもシンプルです。セッションにかかる時間も30分~60分です。

前後のお話を伺ったりするのに、もう少しお時間をいただくこともあります。

IHを受けたことのある人はわかると思いますが、IHでは、主に腕の筋肉だけを調べて、いろいろな情報を探っていきますよね。

それに比べて、タッチ・フォー・ヘルスでは、身体中の14種類の筋肉の状態を調べていきます。

それぞれの筋肉はそれぞれの臓器、経絡(中国のツボを結んだ線でエネルギーラインのようなもの)、感情と繋がっているので、14の筋肉を調べるということは、それぞれに対応した気の流れや感情、臓器の状態なども調べているという感じです。

なので、とても大雑把な言い方ですが、この14筋が全て安定して強い状態がいわゆる、「心も体も健康」ということになります。

タッチ・フォー・ヘルスでは、クライアントさんが抱える、ストレスや問題に対してこの14筋を調整してゆきます。

言葉だけだと、あまりよく伝わらないかもしれないのですが、例をあげますね。「誰か嫌いな人」で調整する場合は、その人のことなどを考えたり、その人の嫌いなところにフォーカスした状態でも、14筋がしっかりと強い状態を作り出すのがセッション中のゴールです。アレルギーの調整で言えば、アレルギーのある物を手に持った状態でも、14筋が強くなるようにします。(だいたい、どうしても苦手な人のことを考えたり、アレルギーのあるものを手に持つと、14筋のうちのどこかは多かれ少なかれ、弱いので)

もちろん、本当のゴールは、受けた方ご自身のその後の人生や生活が、楽になったり、良いパワーに満ち溢れていくことだと思ってます。

セッションでは、日頃嫌だと思ってるもの、人、事など、様々なストレスがあったとしても、14筋が整っている状態=体の経絡の流れがスムーズ=体も心も喜んでいる状態になるように、調整します。

TFHは体のあちこちを使うので、体操みたいで、受けている方も楽しいです。

そして、受ける方が「自ら参加してる!」という感覚が強いです。これって実はとても大切なことで、参加している実感があればあるほど、そのセッションのことを忘れないし、参加したからこそ、実際に身につく!と私は思っています。

タッチ・フォー・ヘルスは、

とってもシンプルで、

やってる方も、受ける方も楽しくて、

めちゃくちゃパワフルで、

不思議で、

でも、変化が目に見えるから面白くて、

受けながらいろんなことを実感できて、

気づきもたくさんあって、

その後の生活にとっても役立ちます。

そして何より、自分の本来持ってるパワーが増す。

受けた後の、自分の姿勢、考え方、人との付き相方などいろいろと、注意して観察してみると、さらに面白くなるかもしれません。

ぜひ、タッチ・フォー・ヘルスを体験してみてください。

お待ちしております。

あかね

hi@akaneyuki.com