IH (Integrated Healing) / 多次元キネシ

正義感や責任感 セッションから

昨日のセッションのテーマは、

『責任感と正義感を手放すこと』『肩の力を抜いて、楽に生きること』でした。

この責任感とか正義感って言葉は、一見良い意味に聞こえるかもしれませんが、これがゆきすぎた場合、自分のやりたいことをやったり、好きなように生きたり、楽に生きたり、、、そういうのを阻めてしまうことがあります。

これが強すぎるために、自分の人生を生きられない。というふうに。

例えば、本当は今の仕事をやめて、フリーで自分の好きなことを仕事としてやっていきたいのに、「会社を辞めると色々な人に迷惑がかかる」と、会社をやめやれないまま好きなことをできずにいる。とか。これ責任感ですよね。誰がやめても会社はまわるもの。なのに、勝手に一人で責任を背負いこんで、自分は会社に必要だ、とかおもったり。迷惑も、かけてしまうかもしれないけど、誰かが会社を辞めるって日常茶飯事のことで、それを補うのも管理するのも会社の仕事の一部なのだから大丈夫。なのにね〜

本当は嫌いな人なのに、「平等に接しなきゃ」とか「失礼にならないように」とかそういう正義感から、無理して話して嫌な気分になったり。(私これあります〜)

本当はその人の問題なのに、「助けてあげなければ!」とその人の問題を解決するためにわざわざ介入して行ったり、頑張りすぎたり。(ヘルプはできるけど結局その人の問題を解決できるのってその人だけ、って私は思ってます。なので、もし友達が困っている時には話を聞いてあげられるように、なにかヘルプができるように、自分をいつでも安定させておくことくらいは心がけています。)

なので、『正しく』『正義感をもって』『責任感をもって』ガチガチに生きて行きたいのなら、それはそれでいいんですが、もしもう少し楽に、肩の力を抜いて、自分のやりたいように生きて行きたいのなら、

もしかして、今持ってる『正義感』や『責任感』に目を向けてみるといいかもしれません。

それが行きすぎていないか??と。

正義感が強すぎて自分を苦しめていないか?

責任感が強すぎて自分の可能性を狭めていないか?と

昨日は、これらのバランスをとるために、前世のエネルギーの浄化やインナーチャイルド(傷ついたままになっている子供の時の自分を癒す)や扁桃体(0〜3歳までの感情の記憶の浄化)などをやりました。

これって、いろんな要素が合わさってこれだけ強〜い、観念になってるので、多分人によって様々ですが、それにかかわるいろんなことをセッションでやっていく必要があります。

これまでにあったいろ〜んなことが混ざって、今の自分を作っているんだな〜と

改めて思いました。

そして、この正義感や責任感というテーマは、四年前、私が初めてIHを受けた時に、よく出てきていたテーマでした。

なんども調整をして、バランスがとれてくると、

『人生=大変』だったのが、『人生=けっこう楽かも』に変わってきました。

好きずきでしょうが、私は個人的に楽が大好き。楽に生きて行きたいと思っているので、こうなれたことはとても嬉しいです。

それと同時に、まだ正義感や責任感は強すぎるために、なんだかくるしいな〜と感じている人がいれば、

ぜひ楽になってほしいな〜と思います。

『人生楽あり苦あり』という言葉がありますが、本当にその通りだともいます。いつもいつも楽しいことばかりが起こるわけじゃない。

でも、人生を平均してみて、くるし〜く生きていくのか、わりと楽〜に生きていくのか、その辺は、キネシで十分調整ができると思います。

 

もう、肩の力を抜いてもいいよって。

自分に言ってあげよう。

 

1 thought on “正義感や責任感 セッションから

  1. アカネちゃん
    この記事すご〜く共感。私も、最近の自己ヒーリングで特に毎回出てくるワードです.(
    昔も出てたけれど~)
    正義感.責任感を手放す。気楽に構える。困った人がいたら助けなきゃという思い込み。。。。などなど
    でも、なかなか手放すのが難しい~(^◇^;)ついつぃ色んな事を我慢しちゃったり、したくない事してストレス溜めちゃったり~
    でも、そんな事してると向き合わないといけない事が起きたりして、(その度にヒーリングして)
    最近やっと、嫌な事はやらない。今は会いたくない人とは距離をあけるなど、自分の心に正直に行動をしています.
    私も,もっともっと楽に生きれる様に自分のハートと繋がって自分第一、自分ラブでいこうと思ってます~^ ^

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *