多次元キネシ

激しすぎる特訓 続編 多次元キネシ❻

先日書いた記事、激しすぎる特訓 多次元キネシ

について、あの時に、2メートルくらい先でコーチのように見守ってくれていた典子さんが、彼女のブログでより詳細な記事を書いてくれたので、前回の私の記事の補足としてこちらで紹介します〜。

これは本当に書いてもらえてよかった。

というのも、メインで彼女(体調の悪い方)の体に触れて情報にアクセスしていたのは私なので、私の方はそのときは本当にフラフラで、意識朦朧状態。

なので、詳細に何があったかって、あまり覚えていないんです。

だいたいこんな感じだったな〜という程度。

それを、なんとなくのまま書いたので、違ってる部分もあっただろうし。典子さんの書いているように、私はそれが何なのか知らずにアクセスしていたりするので、やっぱり、ちょっと離れたところから冷静に監督していてくれた人が、その日に起こったことを書いてくれるのは、ありがたいです。

そして、私もそれを読んで、『あ〜こんなことがあったのか〜』とまた冷静に振り返ることができます。

最後の、私が外せなかったものってなんだろう?

私の知らないテクニックってなんだろう〜?習えばすぐできるようになるものなのかな〜??と興味津々です。

今度典子さんに会ったら聞いてみたいと思います。

 

このブログで最初に、

”「彼女にとって、改めてこの初級で学ぶ必要があるかしら?」

という考えがよぎりました。”

とありました。典子さんはこんなふうに考えてくれてたなんて、全く知りませんでした。笑

やさしさ〜

わたしだったら、自分のクラスを受けてくれる人がいたら、もうぜひ!って感じで、この人に本当にこのクラスが必要かどうか??って考えるなんて、ないな〜。。。こんな風に考えてくれるとこがまた典子さんの愛情なんだろうなって、感じました。

あ、でも打ち上げの時に私が『超〜勉強になりました〜』って伝えた時に、『ほんと〜?!?!?!よかった〜!!!!!』って言っている典子さんの表情を見た時に、

そこで初めて、あ、もしかして心配してくれてたのかなってのが、よぎったかな。

当の本人、まったくその点については心配してませんでしたけど。

復習のようになるのかな〜?とは少しは思っていたけど、私は『復習』が大好き。たとえ同じクラスや、また同じような内容のクラスを受けたとしても、まったく同じことを学ぶわけがないし、1回目のクラスを受けた自分と2回目のクラスを受けた時の自分は、また別のレベルで、別の疑問や視点を持っているのだから、同じクラスだったとしても同じことには絶対にならないとわかっているので、その辺は心配していませんでした。

あと、むしろ、典子さんも日々研究を進めているわけで、”復習のようになるわけがない”とも実際感じておりました。笑

そして実際そのようになりました。笑

だいぶ進化してた。いひひ

『もはやこれはヒーリングではない』ヒーリング。

まさに。

傷ついているのを癒す。ヒーリングとは一味違います。

玄人向け??

変人向け??笑

でも、こうやって霊的なエネルギーとかいうと、聞こえはおかしいけど、やると効くのだから面白い。

効くから、やる。みたいな。

でもこういったエネルギーとかも、どうやって情報を出すのかといえば、キネシの基本の筋反射なのです。

本人の体が知っている情報を筋反射で教えてもらう。それもキネシの基本です。

だからこれもやっぱりキネシなんですよね〜

何が違うかというと、その筋反射をつかって出す情報が、どの辺の情報かってことです、フォーカスする場所っていうかエリアが違う。王道キネシで私も好きなTFHは、体の筋肉や体の表面あたりにある経絡、感情とかにフォーカスするのに対し、この多次元キネシでは、それもやりますが、もっと体から離れた部分、次元的な部分にフォーカスするのが特徴です。

ほんと、キネシって王道キネシからこのぶっ飛び系キネシまでとっても幅広く、これからもそれぞれの興味の向く方向にそれぞれが研究してその幅を広げ続ける分野なんだろうな〜と思うと、キネシはその懐の広さがすごいな〜と感心してしまいます。

こんなぶっ飛び系キネシですが、よかったら受けに来てください〜💓

あかね

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *