レストランの仕事をやめてみた❷

レストランの仕事をやめるということを、夫にずっと言えなくて、

結局やめた次の日にお酒の力をかりて言ったのですが。。。

なぜ言えなかったか、というと

安定した稼ぎがなくなるかもしれないことへの罪悪感、好きなことだけをする申し訳なさ、わがままだと思われるのではないかという心配、私が仕事をやめることで相手にプレッシャーをかけるのではないかという不安

などなど、いろいろです。

で、結局いってみたら、

ちょっと笑ってはいたけど、(やめる、じゃなくて、昨日もうやめた。だったので。笑)

『わかった、がんばって、サポートするよ』という感じでした。

『へ?』って感じだったけど、ちゃんと自分の思いを素直に伝えると、こんな感じなんですかね〜??

ま〜二ヶ月言えなかったので、言えてスッキリ!

で、仕事を辞めまして、私たちの生活がどうなるのかな〜???

と、そこも心配していました。

私は、予約の入ってる時は仕事モードだけど、それも毎日バラバラで、仕事のない日は朝ゆっくり起きてカフェとか行って朝ごはん食べたりお茶飲んだりしているんだけど(で、パソコンしたり。それもお仕事の一部のつもり)それも、毎日ちゃんと会社に行く人から見たら、イラっとするのじゃないかな?とか、そのへんは一応気にしていました。

でもね、意外や意外、

私がストレスなくやってるもんだから、あっちも嫌じゃないみたいなんです。

『ちょっとジェラス??』

ってきいたら

『ちょっとジェラス。。』ってはいっていたけど、嫌ではないみたい。

考えてみればそうか。一緒にいる相手がハッピーなのだから、一緒にいていやなわけないか。

『自分が幸せであれは、それが周りの人にとってベスト』というのはヒーリングの世界ではよく言われていることで、その考えに沿っての調整をしていますが、本当にそうみたいですね〜・

実生活でも確認いたしました。👍

でもね、今回の決意、『レストランの仕事をやめてヒーリングにコミットする』ってある意味私にとっては、人生の方向性をすこし変えたわけです。

そうしたら、夫のほうにもちょっとこの影響が出てきたような気がします。

ヒーリングでは、『他人のことは調整できないので、自分を調整』するのが基本です。

たとえば、彼氏に暴言暴力を受けている女性がセッションしにきたとしても、たしかに暴力をする彼にも問題はありそうですが、本人ではないので、彼の調整をすることはできません。彼女の調整をするんですね。このたとえ話だと、一見彼が悪いよ、と思う人もいるかもしれないけど、彼女の体に聞いて行くと、きっと彼女の方にも問題があるのです。例えばですが、『別れたいとわかっているのに、別れられない』とか『本当の気持ちを言えない』とか『感情を感じないようにしている』とか、そういう暴力的な性質を持っている人のそのぶぶんを引き出してしまう彼女の何かしらの性質があったり。いじめられっ子体質とか。

だから、彼女のそういうところを一つずつ調整して行くのです。

そうするとね、彼女だけの調整をしたはずが、彼女のエネルギーが変化しているせいで、彼の対応とかも変わってきたりするのです。ようするに、彼の行動や感情も彼女のエネルギーがあっての結果なので。彼女が変わると、それが成り立たなくなる。そんなイメージでしょうか。

それと同じことがうちでも起きていまして、私のエネルギーが『やりたいことをやる方向へ』と少しシフトしたせいで、彼にも何かが起き始めた。

彼にとっては、一見悪いことのように見えることなんだけど。。

今の会社での雲行きが怪しくなってきた。

でももし、本当にこころから今の会社で働きたいって思っていたら、きっといろんなことがうまく行くようにおもいます。風向きが強くなってきた、ということは、心が何か他のもの、他の場所をのぞんでいるのかなって。

私が家の中にあらたな風をよびこんだのかな??

彼にも『何か、これは自分の中で考えなきゃいけないタイミングなんじゃない?』と伝えました。

『I know~……..』だって。笑

わかってはいるのね。笑 でも風向き強いのつらいよね〜〜〜〜〜!!!!!笑 わかるよ〜!!!!

でもね、きっとよく自分に問いかけて答えだせば、いまよりもっとよくなる。

そうおもって二人でがんばりま〜す!