本間ゼミ

今更?!なのですが、今年の2月にLAにて行われた、Dr. 本間のDEEPゼミで感じたことを、今思い出したかのように少しだけシェアします。

本間先生って、見かけは普通のおじさんなんですが(先生ごめんなさい。笑)、なんか不思議な魅力のある人だと思います。

どんなところ?って、たくさんあるんだけど、その中でも私がすごいな〜〜と思ったのは、さすが「先生」だけあって「学ばせるのが上手」なんです。

ゼミなので、先生はいろいろなことを教えてくれるのですが、生徒が「どのくらい」「どういうふうに」学べるかは、教えてくれる先生にかかっていると思うのです。

本間先生って、「じらす」んです。焦らしがうまい。

いろんな不思議な現象を先に見せて、でもなぜそういう風になるのかは言わないんですよね。(後で教えてくれたりもするんですが)

そうするとどうなるかって言うと、生徒たちの探究心に火がつくと言うか、不思議で不思議でたまらなくなって、「こうだからかな?」「ああだからかな?」と自分なりの仮説を立て始めるのです。

私が学生の時は、自分に学ぶ意思のないままに先生に一方的に教えられていたので、あのような気持ちは一度も味わったことがなくて、私はこのゼミで「学ぶってこういうことなのか。」「教えるってこういうことなのか。」ということを初めて知ったのです。

「ホウ!」と目がぱっちりと開いた感じです。

DEEPゼミでは、こうやってそれぞれがたてた仮説を夜中までみんなでシェアして話し合います。これは普通のキネシオロジーのクラスでは多分やらないことですよね。

だからDEEPって言うんでしょうね、きっと。

いく前から「深く学べる」とは聞いていたのですが、本当に深く学べますよ。

キネシオロジーを専門にやっていく人ではなくても、このクラスを受けると人間としてもためになるような気がしました。

先生や、みんなに会えたこともそうですが、なんと言うか、今後も「ヒーリングやってるからって調子に乗らずにすむ」と言うと変な言い方なのですが、本当にそんな感じで、人間ってすぐ調子に乗ってしまったりすると思うのですが、このクラスはなんて言うか言葉にするのが難しいのですが、キネシどうこうもあるけど、結局「人間について」なんですよね。キネシをやっていくことも突き詰めれば結局「人間」なんだなって。

まとまってないですけど。笑

来年の2月のDEEPは満席みたいです。来年の10月のクラスを今募集しているようです。

大人気ですね。

でも年に何回か開催されてるので、ぜひ興味のある方、受けてみてください。

DEEPゼミについてはこちら

キネシって何?まずは受けてみたいという方、私までご連絡くださいませ〜

hi@akaneyuki.com

あかね

Comments are closed.