夢の話のつづき

先日、夢に見た変な話を、このブログでシェアしました。 すると、一人の友人(まさこちゃん)からこんなメールが。。。 とても、的を得ていたし、興味深かったので、彼女の了承をいただいて、ぜひ皆様にもシェアします。 夢の話はこちら と、こちらも

感情にフタをすること 夢の続き

感情に蓋をするということがあると思います。 辛くて悲しくて、感情を感じなくしてしまうことってあると思います。 変な夢を見て目を覚ました後に流した涙の意味、この意味をずっと考えていました。 これってもしかして、小さいときには感じていなかったけれど(感じないように自分の心にふたをしていただけなのかもしれない)

変な夢をみた

変な夢を見ました。   小さい時の、生まれ育った飛騨の山奥。実家。   お父さんがいるはずだ。でもそこにいたのは、男の人かも女の人かもわからない、スキーウェアを着た人間だ。 「誰ですか?」あちらが問う。 「誰ですか?」とこちらも問う。 その奥で、お父さんが階段を上がっていく。 私にはなにも言わず。 「お父さん、この人誰なの」と心の中で問いかける。   「お母さんに連絡しなきゃ。」と 電話をかける。おじいちゃんの家にいるはずだ。いまでも番号は覚えてる。 0577-72-xxxx 合ってるはずなのに、つながらない。どうして お母さん、どこにいるの。 なんで、つながらないの。。。。。 どこに行っちゃったの。   そんなところで、目が覚めた。…