才能 

「たしかに才能は儚いものかもしれません。それを最後まで支えきれる人は少ないかもしれません。しかしそこから生み出されたものは、それが時として精神の大いなる跳躍を生み出します。個人を超えて普遍的な、ほとんど自立した現象として」 村上春樹の ”色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年” を今読んでいます。 ここのところ自分で自分の調整をする”自己ヒーリング”をよくやっていて、その中でよく出てくるのが「才能を受け入れること」というキーワード。